0120-015-205
アクセス
地図

営業時間 9:00~18:00 ※日曜日も休まず営業!

有限会社エコサポート奄美

売りたい方

媒介契約について

不動産を売りたい場合、売却活動をお願いする不動産屋と媒介契約を結びます。

媒介契約には3つの契約形態があります。それぞれメリット、デメリットがあるので特徴を分かった上で、どの契約を締結するか選びましょう。 (本来は媒介契約を結ぶべきですし、媒介契約の種類、違いについて説明すべきですが、実際にはおろそかにされているケースが多々あります。)

媒介契約の種類

  • 専属専任媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 一般媒介契約
媒介

媒介契約の種類

専属専任媒介契約

専属専任媒介契約とは1社の仲介業者に全てを任せる契約です。契約期間中は他の不動産業者に仲介を依頼することはできません。 また自分で見つけてきた購入希望者であっても直接契約することは禁止されており、依頼した不動産会社を通した契約となります。 この媒介契約の場合、レインズ(※下記参照)への登録義務があり、媒介契約締結日から5日以内の登録が義務付けられています。 また1週間に1回以上、販売活動の報告が義務付けられています。

専任媒介契約

専任媒介契約は専属専任媒介契約と同様に依頼する不動産会社は1社です。契約期間中は他の不動産業者に仲介を依頼することはできません。 ただし自分で見つけてきた購入希望者と直接契約することは可能です。この媒介契約の場合、媒介契約締結日から7日以内にレインズへの登録が義務付けられています。 また2週間に1回以上、販売活動の報告が義務付けられています。

一般媒介契約

専属専任媒介契約、専任媒介契約では仲介を依頼できるのが1社だけだったのに対して、一般媒介契約では複数の不動産会社に仲介を依頼することが可能です。 重複しても問題ないため、幅広く不動産を紹介することが可能です。この媒介契約の場合、レインズへの登録義務がなく、活動報告の義務もありません。

※ レインズとは、国土交通大臣から指定を受けた「指定流通機構」によって運営されているシステムで、不動産情報を宅地建物取引業者間で情報共有するためのものです。 専属専任媒介契約と専任契約ではレインズへの登録が義務付けられています。(※奄美ではこれまでまったく利用されていないのが実情です。)

【一覧表にまとめると次のようになります】

項目 一 般 専 任 専属専任
一度に契約できる不動産屋の数 複数可 1社のみ 1社のみ
不動産屋のレインズへの登録義務 任意 あり(7日以内) あり(5日以内)
不動産屋の販売活動状況の報告 なし 2週間に1回 1週間に1回
自分で買主を見つけた場合の自己取引
契約期間 法令上なし 3ヶ月 3ヶ月

エコサポート奄美は専任媒介契約をオススメします!

専属専任媒介契約は、もし、あなたの知人や親族が購入を希望した場合でも、直接交渉が出来ません。(その方がいい場合にはオススメです。)

一般媒介契約の場合、複数の不動産会社との煩雑なやりとりをあなた自身がやらなければなりません。販売活動の報告義務がないため、反響があるのかどうか、 反響があったとしてどういうことが原因で売却まで至らなかったのかなどの状況が把握できません。また不動産会社の立場からすると、せっかく営業経費をかけて販売活動をしても、 一般媒介で他の業者に成約されてしまっては、すべてが無駄になってしまうため、積極的に営業活動を行わない(行えない)可能性があります。

専任媒介契約なら、売主様自ら購入希望者と交渉ができ、また定期的に販売状況の報告義務も受けることができます。 また契約期間中は、別の不動産会社が介入できないため、より積極的な営業活動が行えます。 (結果的に契約に至らないことことはあるかもしれませんが、予期せぬ他業者の介入により営業活動が無駄になるということが無い分、積極的に広報活動を行えます。)

以上のデメリットやメリットから、弊社では専任媒介契約をオススメ致します。

媒介

エコサポート奄美のお約束!

専属専任媒介契約または専任媒介契約を不動産会社と締結した場合に、業者によっては「囲い込み」をする場合があります。

「囲い込み」とは…

専属専任媒介または専任媒介で不動産会社と売却の媒介契約を結ぶと不動産会社には定められた期間内にレインズへ物件登録をする義務が生じます。 レインズに載った物件はどの不動産会社でも売ることができます。

しかし、買主も自分で見つけて仲介手数料を倍得たい(=両手取引)不動産会社は、レインズへ掲載しなかったり、レインズに載せたとしても、他社からの問い合わせに対して 「申し込みが入って商談中です」「契約予定です」などとと嘘をついて、問い合わせを断ってしまう場合があります。
これらの行為は総称して「囲い込み」と呼ばれています。

エコサポート奄美ではお客様の利益を最大限に考えて次のことををお約束致します。

専任媒介契約、専属専任媒介契約を締結した場合、定められた期限内にレインズへの物件登録を致します。

これにより、どの不動産会社でも売却物件情報を見ることができ、買主を紹介することできます。

さらにメールやFAXで協力関係にある不動産会社5社以上に、直接、情報を配信します。

奄美では、レインズがあまり使われていない現実をふまえて、こちら側から情報を発信します。 これにより、手間をかけずに、一般媒介と同様、複数の不動産会社に仲介してもらうことができます。

他社からの問い合わせも断ることは一切致しません。

囲い込みは絶対にしませんので、売却の機会を逃すことがございません。

媒介

売却の流れ

「土地や住宅を売却したい!」

そんな時は、お気軽にご相談ください。
ご相談 ~ 査定 ~ 売却 ~ その後の流れを解説します。

STEP1 売却相談

まずはお客様のご要望をお伺いします。
土地の相場や売り出しのタイミングなどのアドバイス、不動産売買の流れ、手数料などの経費、売却後の税金などについて解説させていただきます。

STEP2 物件の調査

不動産の早期売却のために、物件の長所や短所、周辺環境などを正確に把握するために徹底して調査を行います。

点検

STEP3 物件の査定

経験豊富なスタッフが不動産の現状を把握し、市場の流通性を分析した上で、価格を査定いたします。

STEP4 媒介契約の締結

お客様との間で媒介についての契約を締結します。媒介契約の種類によって活動内容が異なります。

媒介契約

STEP5 売却活動

早期の売却の実現に向けて、ホームページ、ブログ、Facebook、新聞広告、チラシなどを利用した広告活動を積極的に展開します。

STEP6 物件案内

ご売却予定の不動産を購入希望者様にご案内致します。物件のセールスポイントを売主様に変わって、購入希望者様にアピールいたします。

STEP7 売却活動の経過報告

ご売却不動産の販売活動の経過をご報告します。どのくらいのお問い合わせがあったか、その反応は・・・など、きめ細かく報告します。

STEP8 不動産売買契約の締結

購入希望の方と売却条件を調整し、双方の合意のもとで売買契約を締結いたします。売買契約が締結されると契約書に記載された条文に基づいて売主様、買主様双方の権利や義務を履行することになります。

STEP9 引渡し準備・抵当権抹消手続き

今お住まいの住宅の売却の場合は、引き渡しを行うために、引っ越しの準備を始めて頂きます。抵当権等のローン残債がある場合、金融機関と協議の上、事前に抹消に必要な手続きを行います。

引渡し

STEP10 引渡し前の現地立ち合い

引き渡し後のトラブルを未然に防ぐため、売主様、買主様双方で、不動産の引き渡しが可能な状態であるかどうかを最終確認します。

STEP11 残代金の受領、物件の引渡し

買主様より売買代金を受け取り、登記を申請すれば、不動産の引き渡しとなります。今お住まいの住宅を売却の場合は、売主様は、引渡しまでに引っ越しを済まさなければなりません。

STEP12 確定申告

不動産の譲渡や取得に関して、課税、特別控除、減税などがあります。売却、購入した年の翌年の2月16日から3月15日の間で、税務署に申告をする必要があります。詳しくは税理士や税務署にご相談ください。

確定申告

売却をお考えの方お気軽にご相談ください。

ご要望に合わせてご対応致しますので、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちらのフリーダイヤルへご連絡ください。

0120-015-205
(営業時間 9:00~18:00 ※日曜日も休まず営業!)

お客様情報

お名前 【必須】

フリガナ

メールアドレス 【必須】

電話番号

※メールは迷惑メールになって届かない事があります。できるだけ電話番号も入力して下さい。

お問い合わせ内容 【必須】